ルアーに関する情報が満載!

疑似餌大全

間違いのない選び方とは?ルアーの特徴に合わせて選ぶ!

釣りをする際にロッドやリールと同様に大切となるのがルアーです。
豊富な種類がある事やそれぞれに異なる特徴があり、迷ってしまう方も多くなっています。
特徴を捉えるとともに自分の好みに合わせたルアーを選ぶ事が必要になります。
小魚の形をしているポッパー・ペンシルベイト・ミノーや金属で出来ているメタルジグが主な種類として挙げられます。
ルアーフィッシングの時に軸として使う機会が多いミノーの中にも、使用すると浮くフローティングタイプと沈むシンキングタイプに分ける事が出来ます。
フローティングミノーは、初心者の方といった扱いやキャストに慣れていない方でも根がかりしにくい事やロストしなくて済む事から使いやすくなっています。
また、リトリーブ速度に応じて深度を変える事が出来るといった特徴がある事から多くのメーカーから様々なカラーやタイプの異なる商品が販売されているので自分の感性で選びやすいといった特徴もあります。
シンキングミノーは、少し重たく太めに設計されている事で沈むようになっています。
リトリーブの仕方で狙いの泳層範囲で魚にアピールする事が出来るといった魅力がある一方で、沈め過ぎるとロストする事も多くなっているので障害物が多いスポットでは、気を付ける必要があります。

ルアーフィッシング上達の為には少しでも多くフィールドに通う事

ルアーフィッシングと聞いて、何となく取っつき難い大変高尚なジャンルという先入観を抱いてしまう釣り初心者も多い事でしょう。
確かに雑誌やテレビのデモで紹介される様な、メーカー契約プロやテスターの華麗かつパワフルなテクニックを見てしまうと、果たして自分にあんな釣りが出来るのかと半信半疑になるのは無理も無いでしょう。
ですが実際にいざ始めてしまえば、実に簡単に慣れ楽しむ事が出来るのです。
投げ釣りを既に会得している人であれば、ちょっとキャスト法を工夫すればあっという間に軽いルアーでも飛距離を出せる様になりますし、全くの初心者であっても、DVDや書籍、セミナー等教材は大変豊富ですから、それを基に上達してゆく事が可能なのです。
とにかく大事なのは少しでも多くロッドを持ってフィールドに出る事です。
そこで数多くのキャストを重ねながら自分なりに最も飛距離が稼げ、かつコントロールし易いキャスト法を身に着けてしまう事です。
ある程度キャスト出来る様になった時点で改めて教材のキャスト法と比較し、欠点部分が見つかればそこを微修正してゆけば良い訳です。
もちろんヒットした魚とのファイト、いなし方もまた慣れが大きくものを言う部分であり、こちらはより多くの経験を重ねる必要があります。
最初はテクニックは下手でも魚影が濃く簡単に釣り易いフィールドに通い詰め、全ての経験を重ねる事が上達への最短距離となるでしょう。

注目サイト

キャビテーションを比較しています

キャビテーション 比較

香水・フレグランスの高価買取ならお任せ下さい

香水 買取

キャビスパの口コミ比較サイトです

キャビスパ 口コミ

ベビーシッターとお母さんがマッチングできる東京のマッチングサイトです

ベビーシッター 東京

キャバクラの求人 アルバイト情報 特別特典や体験入店情報も満載

キャバクラ 求人

必要なアイテムはレンタル 大阪のボルダリングジムです

大阪 ボルダリング

高品質ながら業界最安値のフコイダンをご提供しています

フコイダン

ビジネスホテルなら名古屋の当ホテルまでお越しください

ビジネスホテル 名古屋

最終更新日:2015/8/28

COPYRIGHT(C)疑似餌大全ALL RIGHT RESERVED